ペットセレモニー

犬

それにかかる金額について

今では、全国にたくさんのペットセレモニーを行っている会社があります。 最早ペットは家族の一員であり、亡くなったら手厚く葬りたいと考えている人がたくさんいるのです。 そのため、ペットセレモニーによってしっかりとした葬儀を行ってペットとお別れをする人が増えているのです。 ペットセレモニーでは、しっかりとした葬儀を行ってくれます。 また亡くなったペットの納骨先も探してくれるので、どこに葬るか悩んでいる方にとっては大変に有難いのです。 365日24時間体制いつでも受け付けていて、移動火葬車の手配までしてくれるのでとても助かります。 また親身になって相談にも乗ってくれるので、分からないことがあったら何でも聞くことができます。 ですから大事なペットが亡くなったら、ペットセレモニーに全てを任せれば良いのです。 ペットセレモニーにかかる金額は、依頼する内容によって変わってくるので一概に言うことはできません。 ですから、インターネットなどで確認をした方が良いです。

ペット葬儀の歴史について

ペットの葬儀の歴史は意外と古いです。 6世紀から7世紀にかけて馬頭観音が伝わって、動物供養の菩薩として祀られたのです。 そしてそれを飼っていた犬や猫といった動物の供養として、用いられたと言われています。 そのだいぶ後に、江戸時代に入ってから生類憐みの令を出した5代将軍徳川綱吉の時代には動物愛護の下、犬や猫などの動物を大事にすることを義務付けたのですが、その埋葬方法については土葬がずっと続いていました。 人間も江戸時代までは殆どが土葬されていたので、当然ペットも殆どが土葬されたのです。 ペットが火葬されるようになったのは、第二次世界大戦が終了してからだいぶ経ってのことだと言われています。 それまでは、殆どのペットは亡くなったら土葬されていたのです。